ツィッターとの連携に優れたプラグイン


WordTwit

ブログの記事を更新したら、TwitterでURLをつぶやいてフォロワーの方に記事を見てもらえば、何も告知しない時に比べればアクセスは増えます。時にはそのTweetをみたフォロワーさんが記事をRTしてくれたことにより一気に拡散して多数のアクセスや被リンクを獲得することもあります。

様々なメリットがあるので、記事を更新した際にはツイッターでつぶやいておくと良いのですが、予約投稿をしている場合、つい、Twitterでフォロワーへの通知を忘れがちになってしまいます。

そこで利用するWordPressのプラグインが、WordTwitです。

WordTwitのダウンロードは
http://wordpress.org/extend/plugins/wordtwit/

 

インストール・有効化後、ダッシュボード>設定の「WordTwit」をクリックしてください。

WordTwit01

 

WordTwitの設定画面です。

WordTwit02URL Shorting(短縮URL)を選びます。使用する短縮URLのサービスによってはユーザーネームやAPIキーの入力が必要になるものもあります。お薦めはPost IDという形式です。Post IDの形式で使われる場合は、特にAPIキーなどは不要です。

Twitterで拡散された記事は様々なウェブサービスに拾われ、一種のナチュラルリンクを獲得することができます。短縮URLサービスが終了してしまっても、被リンクが無くならないように自分のドメインを使っています。また、ドメイン名を覚えてもらうといった意味合いも含んでいます。短縮URLは、どこに飛ばされるか心配な人が多いのも、理由のひとつです。

「Tweet Message」の文言の設定を行います。
[title]は記事のタイトルが、[link]には記事のURLのリンクが入ります。
例:【ブログ更新しました】[title] – [link]

 

次に赤枠で囲んでいる「Sign-in Using Twitter」をクリックしてください。
注:Twitterにはログインしておいて下さい。

WordTwit03注:まれに『すでにトークンが利用されたため、このページはもう有効ではありません。連携アプリに戻ってもう一度試してみてください。』
上記のようなエラーが出たら一度下にあるUpdate Optionsボタンを押してから再度行ってみてください。

 

「連携アプリを認証」をクリックして下さい。

WordTwit04

自動的にWordTwitの設定画面に、リダイレクトされます。

WordTwit05「Update Options」をクリックして、設定完了となります。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です