スカラ広場からビィットーリオ・エマヌエーレ2世 ガッレリアを通り抜けて、チラっと左側に目を向けると、そこには・・・ドーン! と大聖堂(ドゥオモ)がそびえ立っていました!!

ミラノのドゥオモは世界最大級のゴシック建築

135本の尖塔、2245体の彫刻との融合美はまさに圧巻の一言です。
まあ、今まで見た大聖堂とは全然雰囲気が違う感じ。

大っきいのは大きいのですが、全体がとてもスマートでシャープな印象を受けます。

言い替えると「骨っぽい」 ^^

一番高い尖塔にあるのマリアさまは4mもあるそうです。下から眺めるとちっちゃく見えますが・・。
そして、遠い所のはよく見えませんが、彫刻の数々もスゴイです。

大聖堂の大きさは実際に自分の目で見ないとわからないと思いますが、下の写真、観光客と比べてみて下さい。
なんとなくイメージできると思います。
Duomo-Milano-2

 

中に入ってみると(内部に入れますし、写真撮影もOKです)、太い柱と高〜い天井だけでなく、床の大理石も目を惹きます。Duomo-Milano-3

 

これ、ぜ〜んぶ 本物の大理石を組み合わせてつくられてます。どれだけ時間かかるんでしょ〜?
Duomo-Milanio-4

そして、ステンドグラス! これも見ごたえ十分!!Duomo-Milanio-5

その昔、読み書きができない人々が大勢だった時代に、目で見て(絵で)聖書の教えを伝えるという目的があったそう。
このようなステンドグラスが大聖堂内の横壁にた〜くさんあります。Duomo-Milanio-6

ともかく内部の広さはバチカンのサンピエトロ大聖堂に次いで2番目の大きさがあるそうです。ぜひまたゆっくり時間をかけて来てみたい場所の一つですね。

 

 

この記事は表示見本のため、コンテンツは下記サイトの「イタリア旅行記ブログ!」を掲載しています。
URL:http://itary.fasnet.org/?eid=16

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です